ご相談は、姫路のクロノス司法書士事務所へ。

クロノス司法書士事務所

HOME  >  司法書士とは
メイン

司法書士とは

司法書士は、皆様に身近な『くらしの法律家』です。司法書士の仕事は、不動産登記・会社設立・供託の手続代理、裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理、法律相談、企業法務、成年後見業務、クレサラ等多重債務者の救済等多岐にわたっております。こうした幅広い業務を通じて、私たち司法書士は、皆様の財産・権利を守り、トラブルを未然に防止し、万一トラブルになってもその法的解決のためのアドバイスとサポートをいたします。身の回りの法律問題で困ったときは、ぜひ一度ご相談ください。

こんな時は司法書士にご相談ください。

不動産について
・不動産を相続した。
・土地や建物の名義を変更したい。
・住宅ローンを完済したので、担保を抹消したい。
・住宅ローンを借り換えたい。

会社について
・会社、法人を作りたい。
・会社の役員を変更したい。

借金問題について
・払い過ぎた利息を取り戻したい。
・借金をしているが、月々の返済が難しい。
・住宅ローンが支払えなくなった。

成年後見について
・認知症の親の預金の引き出しに銀行が応じてくれない。
・将来、認知症になってしまった場合に備えておきたい。

相続手続き

相続は被相続人(=相続される人)が、亡くなったときから開始されます。相続については、民法で細かい規定が定められていますが、実際は被相続人や相続人の意見を、尊重することを優先して考えられています。
このため、遺言書の有無や相続人全体の話し合いを重視しており、これによって相続手続きも変わってきます。
相続手続き全体の流れを、わかりやすく図にしたものです。
相続手続き
詳細

遺言書作成

遺産の処分方法等の財産関係や身分関係についての遺言者の最後の意思表示を記した書面です。遺言書の中に遺産の分け方を指定しておけば、相続人同士が話し合う必要がなくなり、相続争いを防ぐことができます。
 「子供達は兄弟仲がいいので遺産相続でもめる心配はない。」「そんなに多くの財産もないし…」という理由で遺言は自分には関係のないものだと思われている方が多くいらっしゃいます。しかし、実際のところ相続人である息子達は遺産の分割にあまり興味はないのに、その奥様に言われて仕方なく取り分を主張している現場をよく目にします。また、遺産が少ないほどもめやすいというのも統計上数字に表れています。
詳細

過払い金請求

利息制限法で規定されている上限利率を超える利息の支払いは無効です。超過して支払った利息を残債務に充当した結果、残債務がゼロになり、さらに払い過ぎていた場合、過払い金が発生します。従って、完済した方だけでなく、現在返済中の方の中にも気付かないうちに過払い金が発生している方がいらっしゃいます。過払い金請求とはその払い過ぎた利息を債権者に返してもらう手続きです。
借金がゼロになりお金まで返ってくるのですから、借金に困っている人なら誰しもが利用したい制度だと思いますが、誰にでも過払い請求ができるわけではありません。ある程度の取引年数がないとお金は返ってきません。では、具体的にどのくらいの年数がいるかというと、これは個々の状況によって異なるため一概には言えませんが、現在取引されている方でも7年以上の取引年数があれば過払い金が発生する可能性があります。
法定利率によると債務が無くなり過払い金が発生していたとしても債権者は教えてくれません。 当事務所では減額報酬は頂いておらず、既に完済されてる方については着手金は一切不要です。 自分の取引は過払い金が発生しているのだろうか?と疑問に思われる方は是非一度ご相談ください。
詳細

成年後見

認知症のお年寄りの方や知的・精神障害のある方は、判断能力の面でハンディキャップを負っているために、通常の人と同等に契約をしたり法的手続をしたりすることが困難です。
こうした人たちを悪質商法等から守り、安心して暮らしていけるよう、法律面からサポートするのが成年後見制度です。
成年後見は、大きく分けて「法定後見」と「任意後見」の2つに分けられます。
相続手続き
詳細
クロノス司法書士事務所   〒671-1153 兵庫県姫路市広畑区高浜町1丁目54番地
 TEL:079-230-5777
copyright(c)2014 Chronos legal office. All rights reserved.